この記事では、松戸市の歴史について簡潔に説明します。

宿場として栄えた地域

古くから人間が居住していた松戸は、農村を主要産業とした一地域でしたが、江戸時代になると松戸、小金、馬橋の地域は五街道の一つ水戸街道の宿場町として栄えました。

江戸と水戸の間にあるため、水戸徳川家、江戸徳川家の将軍らが松戸の地域で鷹狩りを楽しむ姿もみられたということです。

松戸市という名前の由来

平安時代には、松戸は「まつさと」と呼ばれていたようです。いつから松戸と呼ばれるようになったのかはわかっていませんが、由来については、この「まつさと」から松戸に音が転じたという説があります。また、昔から馬の飼育が盛んであったことから「うまさと」と呼ばれ、「まさと→まつど」と転じたという説もあります。