こちらでは、松戸市が福祉政策の一環として行なっているものの一部を紹介します。

松戸市の福祉事業の一部

都市型介護予防モデル

千葉大学研究チームと提携した共同研究事業を行なっています。地域の現状を調査分析、課題を把握して今後の介護モデルの計画に役立てようという取り組みです。

フードバンク

フードバンクちばと提携し食品の寄付を募っています。寄付できる食品は、穀類や缶詰など保存のきくもので賞味期限まで2ヶ月以上あるものなど条件があります。

障害のある人向けの相談サービス

障害のある本人や家族の相談を受けたり、また障害者に対する差別や虐待に関する相談を受け付けています。また障害者の一般就労についてもアドバイスが受けられます。